どうやって痩せるの?


その1・おいしいものには目のない美食家。お寿司なら1食分としてなんと60貫!
その2・2ヶ月がたつころ自分でも体型の変化に気づき、甘いものも欲しくなくなる
その3・体を整えることを行なってから、少しづつ食事にも変化が出ました。
その4・必要以上の油分をとっていたかが怖くなり、体の矯正で体調もよくなった
その5・プロポーションを整えることで痩せていき「毎日がウソのよう」





■20代・女性(OL)さんのケース
 体重 -6.55kg


【うれしかったことや良かったこと】

 今までの洋服がすべてユルユルになったので、新しく2サイズも下の服
 を買い揃えたこと。
 体調がよくなり、冷え、むくみが治った。体が軽くなった。
 ウエストが超細くなり、ナイスバディになった。
 バストはそのままハリがあります。


【体重を落とすために自分でやっていたこと】

 菓子パンやカップめんを食べすぎていたのでやめた。
 ご飯をしっかり食べて量は減らした。
 野菜・きのこ・海藻類をとるようになった。
 教えてもらったエクササイズをやるようになった。


【これからのダイエッターに、ひと言応援を!】

 初めは半信半疑状態だと思いますが、確実に
 先生のいうことを守っていれば確実に
 ”ナイスバディ”間違いない!

【ご自分の目標に対しての今後の意気込みを】


 今の状態をずっと維持しつつ、食事にも気を
 つけ健康な体をいつまでも保っていきたい
 です。


【その他、何かありましたらどうぞ】

皆さんもぜひぜひ頑張ってくださいね!


■石川院長からひと言■
スタート時には欠食・間食が多く、バランスもカロリーのみが高いものを
多く食べて崩れていましたが、2ヶ月がたつころ自分でも体型の変化に気づき、甘いものも欲しくなくなるし、食事もとれるようになりました。

その期間エクササイズと矯正はしっかりと行なっていたのが、
後半にどっと効いてきましたね。

たまたまご馳走になったアイスクリームの甘さに気分が悪くなったそうです。